未来志向でいこう。

今日もまた新しい一日。私と家族の超プライベートな日々の出来事。

【体制の問題であって先生に問題はないか】

息子は小3の途中から学校に行っていません。行かなくなった理由は当時よくわからなかった。今となってはいくつか要因が思い当たる。

 

最近夫婦で話し合っているのは、息子が小学校に入ったころ、ちょうど娘の部活が面白くなってきたころで、私はそっち掛り切りだった。息子のケアは少なかったと思う。

あとは友達との関係。これは少しナイーブなので、あんまり詳しくは書かないんだけれど。

そして勉強、そして、先生。

 

息子は、器用でないので、すごく混乱した毎日を送っていたように思う。保育園が自由すぎて、学校に上がった時はすごく戸惑ったんじゃないだろうか。

 

いくつか、の中に先生も一つあったように思う。原因を追求したところで何か解決できるかは、わからないんだけれど、唯一、2年生の先生だけ、ちょっと心配なことがあります、とおっしゃってくれていました。

 

見抜けていたのは、2年生の時の先生だけだったようにおもう。私が何度か、心配ごとがあって、と、伝えても、なかなかそんなことないです、と否定されるごとが多くて。この前も、先生とお話しした時に、学校に来てしまえばね、楽しく遊んでいますし、勉強もね、座ってできますし、とおっしゃっていました。

 

昨日、息子に、ママ、明日から2日間大阪に出張でいないからね、

 

というと、

 

明日学校いこうと思ったんだ。

 

そっか、パパに行ってもらったら?

 

うん。。。パパ、友達が怖いって言うんだ。

 

えーー。あははははは。マジーーー?

 

と私が大声で笑うと、

 

息子はポロポロと泣き出した。

 

友達が、パパ怖いよね、って言うんだ。

パパには絶対に黙ってて。

お願いだから、絶対誰にも言わないで!

 

って。

 

ああ、ごめん、ごめん。怖いの?パパ?

ママよりずっと優しいのにねーー。

大丈夫、言わない。

けいくんね、パパは優しいよ!って教えてあげてね。ママよりずっと優しいんだから。

 

明日か、そっか。ごめんね。ママ、明日は一緒に行ってあげられないの。今週は金曜も朝からミーティングだからね。来週ならいけるよ。

 

私は、この前先生にお会いした時に、このような問題があることを伝えていました。子供の様子を表面的にみてないか。

 

私は、行かないことを否定しない。行きたくなくて行かないならそれでいい。でも、行きたいのに行けないなら、それはやっぱりなんとかしたいと思う。

 

学校では、クラスでは先生が絶対だ。唯一の大人。その大人を信用できなかったら、やっぱりしんどいだろうなと思う。逃げ場がない。

 

息子は先生には一言もこんな話をしたことがない。

 

私はもちろん、日本の教育が良くないと思うけれども、やっぱり接する大人の影響がないわけないと思う。だって子供たち一人一人が接するのは個人だもの。

 

わかってもらえるまで、私は伝え続けるつもり。

 

息子はパパが大好きだから、少し言われてちょっと傷ついた。娘なら軽ーく言い返してしまうのだろうけれど、友達のことも好きな息子は言い返せなかったんだろうな。

 

外人=怖いの像を取り外したいんだけどな。

 

うん、その辺の日本人よりもずっと優しいんだよ。まずは先生におはなししないとね。

 

 

ね、ときわくん。

f:id:h-katori:20181024092028j:image