未来志向でいこう。

今日もまた新しい一日。私と家族の超プライベートな日々の出来事。

【特別な宿題】

昨日は、バタバタしてたけれど、そのどさくさの中、息子は学校に行った。

 

帰ってきて、パパの話をしようとするとポロポロと涙を流して、話が聞けない。

 

じゃあ、お姉ちゃんが帰ってきたら、もう一回ね。

 

で、なんとなく、お腹も空いてるし、お茶でしながらと、近所のコンビニにシュークリームでもおもって出かけたけど、シュークリーム売り切れ。

 

で、さらに近所のケーキ屋さんに行ったけど、こちらもシュークリーム売り切れ。で、仕方がないから、カロリー気にしながら、ケーキを購入。

 

子供たちに、甘いもの出しながら、パパが、決まったことを話す。

 

息子も少し落ち着きを取り戻したか、ケーキにかじりつきながら聴いてた。娘は2回目だからねー。大丈夫でしょー。と。

 

とりあえず、明日と明後日は、ペースメーカーを調整してもらったから、ママもパパも仕事の予定。

 

ま、でも、パパは様子みてね。無理しないということで。ママも、パパ一人にしておくの心配だから、パパに合わせて休みの日もあるかも。

 

どのくらい?

 

2週間ぐらいだと思うけど、切るからパパは1か月ぐらい休みかもね。ママも全部休んだら、会社行きたくなくなっちゃうなあー。

 

え?

 

アナタハ イケルヒハ イケバイイ

 

そうだなー。半日とかね。締めの日とかね。

 

子供たちは、受け止められたのだろうか。なかなか厳しい話だろうなと思う。

 

息子は昨日は、

 

僕だけね、特別な宿題なんだ。先生が僕だけ違うの作ってくれた。

 

へー。何?

 

割り算。見せてごらん。

 

f:id:h-katori:20181121085300j:image

 

みんな割り算の筆算なんだけどさ、僕はこれ。

 

二桁割る一桁の割り算。

掛け算ができればわかるもの。

下の方が埋まってた。

 

やってあるじゃん。

 

友達に教えてもらったー。

やろうかなー。

 

一緒にやってみる?ね。

 

一問ずつやってみた。

つっかえつっかえだけど。

最後までできた。

 

できたから、持っていくー。

 

うん。

 

今朝は少し寝坊したけど、行くわー、って言って、出かけていった。

 

一人元気になったら、一人崩れて。凸凹家族だなあ。

 

病院通いは疲れるだろうけど、近くにちょっといいカフェができたので、時々、コーヒー飲みに行って、気晴らししよう。

 

地元探検してもいいなあ。

 

さ、仕事を片付けたので、家に帰るぞー。

【イキテ イケル】

体の調子が悪くなって3日目。今日は仕事を休んで旦那さんに付き添って病院に行ってきた。ペースメーカーの調子が悪いのか、旦那さんの心臓なのか、わからないが、脈が明らかに弱い。私が触った感じでは気を付けないと測れない。それぐらいの弱さだ。それに手がとても冷たい。

 

受付して検査して、早めに呼ばれて、7年前からずっとお世話になっているK先生が、

 

コードがね、断線しかかっているね。2本あるんだけど、1本は壊れている。もう1本は、断線しかかっている。手術しよう。ね。

 

原因が的中してほっとした。というのが本音。なぜか私のほうをみて先生が言うので、

 

パパ、手術だって。早いほうがいいですか?

 

本当はさ、金曜にやるんだけど、今週休みだからね。

 

ハヤイ ホウガ イイデスネ。ハイ、オネガイシマス。イツデスカ?

 

来週の火曜日ね。今確認するから。火曜は外来があるから、午後からね。

 

K先生はそういうと、手術室に電話したり、入院の予約したり、手際よく準備を進めた。

 

そういえばさ、コード入りにくかったからなー。反対から入れるかもね。

 

(すごい、先生、よく覚えてる)

 

一応、じゃ、外で入院の手続きしてってくれる。

 

私はK先生が好きだ。外科の先生っぽい。最初に救急で運ばれた時からお世話になっている。7年前。もう先生もいい歳だろうなーって、ぼーっと思っていた。そんなわけで、あっさり、入院の手続きをした。

 

f:id:h-katori:20181120194600j:image


K先生によれば、一旦電圧を上げて切れそうになっているコードに電気が強めに流れるようになっているらしい。でも、それだと体に負担がかかるから、あんまり長いことやらないほうがいいんだそう。旦那さんは体が楽になったようで、動けるようになった。人間の体ってすごいな、血のめぐりがよくなると動けるんだ。大事だよ、循環器ってさ。

 

一旦作戦会議的にお茶。

 

f:id:h-katori:20181120193713j:image

 

とりあえず、今週から来週までの予定をすべてキャンセル。来月のキャンプもキャンセル。パパは職場の仲間に電話しまくる。

f:id:h-katori:20181120211643j:image

 

そのあとなんだか二人とも家に帰る気分にならず、買い物にでた。病院のパジャマは嫌だとか、タオルもきれいなのがいい、とか。あれこれ、そんなこと?というようなことを言ったりして、ブツブツいいながら買い物。

 

 

歩きながら、私は旦那さんに、寿命が宣言されているようなもんなんだから、やりたいことやればいいのよ、モルジブに店つくりたいとか、モルジブに家建てたいとか、

 

って言ったら、

 

ワタシハ ユメハ イロイロ モウアリマス。イエヲ カッタシ コドモハ イルシ ネ。

 

私からすると、家を買ったり、子供ができたりって、別にふつうっていうか、夢?なのかなー?と思うけれど、旦那さんからしたら、夢だったんだなー。かなえたいものがあるかっていうと、別になくてもいいのかもしれないんだな。それはそれで彼の人生だ。私があれこれいうことではない。半分冗談半分本気で、

 

大丈夫よ、生命保険があるから、お金は心配しないでね。借りたって大した額じゃないから。

 

っていうと、

 

ソウイウコトデハナクテ オオキクナルマデ コドモニハ オトウサンガ ヒツヨウデス。ワタシハ イキテ イケマスヨ。ワタシ ハ コドモタチ ガ オオキクナルマデ イキテイケル。

 

この ワタシハ イキテ イケマス は、私は生きていきたいです、かな?生きていくことができると信じてる?かな?いずれも、神を信じてる人独特のなんというか、信じる強さみたいだなあ、と思った。日本人なら、薬で、とか、手術をすれば、ってことが、そうじゃなくて、「神に生かされて生きる」ってことなんじゃないかとおもう。


ア、マラソン、ヨクナカッタノカナ?

 

パパは、ペースメーカーを入れてから、フルマラソンを5本か6本か完走している。


後悔してる?

 

と聞くと、

 

マッタク(後悔していない)。ヨカッタ、ハシッテヨカッタ。コウカイシテナイ デス。

 
帰ってきて、両親と電話で、娘や息子と話をした。母はあっけらかんと、よかったじゃない?早くわかったし、同じことをやるならね!と、私と同じ反応。息子は、パパが話をするよ、というと、ポロポロと泣き出した。娘は、あっそって感じ。むしろ明日と明後日は仕事に行くってことに驚いて。

 

二人とも、手術の日は、学校早退ね。午後からだから、二人とも来てね、病院。
ママから先生にいうから。

 

ええーー、私、もうすぐテストだし。と、娘。

うん、わかったと神妙な息子。

 

歩いていけるところの総合病院なので、よかった。

 

とりあえず、その予定で。いい?

 


私は、今でも心臓を電池で動かすことが、よかったかどうかがわからない。歴史の先生にペースメーカーをいれることは、宗教的にはどんな風に考えるんですか?って聞いたことがあった。聞いたことだけを思い出して、今朝まで答えを思い出せなかった。

結論、イスラム教は、生命を維持することを最優先する、ということ。あと、テクノロジーには肯定的ってこと。けさ、FBで先生が答えを教えてくれた。

なんで思い出せなかったか。

その答えを聞いたときに思ったことは、今もあんまり変わらない。私にはわからない。私はクルアーンを理解できていないから。説明されても、言っていることはわかっても、理解できないってことなんだろうと思う。パパが生きているということと、心臓を電池で動かすということがうまくつながらないというか。生きててほしいと思うし、それが当たり前だろうーと思ったりもするけど、いいかどうかと考えるとほんとにわからないのだ。

 

たまたまここが日本で、健康保険に入っているから、生かしてもらっているというか。そういう選択肢を選べたし、選んだし。
お金や、宗教や、家族や、いろんな問題なのか、環境なのか、そういう意味で、本当に偶然、そういう道を選ぶことができているんだと思う。ある意味、運もあると思う。だからいいとか、悪いとかじゃないんだけど。

 

パパが、イエヲ カウコトモデキタシ コドモモ イルシ っていうのは、「日本で」がつくんだろうなー。


いつかちゃんとクルアーンを理解したいと思う。ほんとに。


ときわくん、お待たせ。今日もよくお留守番していました。
ご飯が空っぽだったね。

 

f:id:h-katori:20181120194314j:image

【誰かのために】

ブログを書き始めて11か月たって、ちょうど200日になりましたと、はてなブログが教えてくれた。書いている日のほうが、書いていない日よりも多いらしい。

最近は読んでるよーと声をかけてくれる人もいるけれど、でもどうカウントしても、お会いしていない人のほうが読んでくれているみたいだ。不思議なご縁に感謝したいです。読んでくれているみなさんありがとうございます。

 

私は、自分がどう考えていてどう思っているのか、記事を書きながら整理しているんだとおもう。息子のことや、娘のこと、旦那さんや、ときわのこと、お庭のことも、趣味のことも、お会いした人や読んだ本のことも、少しずつ整理しながら、思ったことを自由に書いているつもり。

 

情報を提供するブログもあれば、おいしいものを紹介するブログもある。もちろん、私もおいしものを食べたらそれをアップしていきたいなと思うこともあるけど、それよりも、それを食べてどう感じたか、その時の気持ちを残したいと思う。


私の少ない語彙ではちんけすぎて自分でも嫌になるが、それはそれで、まぁ受け入れよう。気持ちや感情は文字で書いた瞬間になんか、違うものになっているような気はけれど。


記録とおもっていたので、まだ少し続けます。

読んでくださってありがとうございます。

 

ときわ君もこれからも登場します。

 

f:id:h-katori:20181119190751j:image

 

 

【電池で動く心臓】

旦那さんの心臓は電池で動いています。昨日の夜、寒い寒いと言ってて、確かに昨日の夜は寒かったのだけれど、熱を測っても熱があるわけではない。

 

おかしいというので、脈を測る。40ない。旦那さんは、心臓の電気を発するところに異常があり、脈が打てない。異常に少ない脈で生きてて、今から7年前に一回止まって倒れた。その時にペースメーカーを入れて、今はきっかり40で脈を打っていたはず。

 

4月か5月に同じ症状が起きてみてもらった時、2本入ってるはずのリードのうち1本の異常が見つかった。先生は1本でも大丈夫だし、電池は全然大丈夫だと言ってた。

 

旦那さんは心臓の動きを感じることができる体になってるみたいで、前の変化の時も、なんかおかしいと言っていた。昨日からおかしいと感じていたのは、心臓だったのだろうか。

 

今日の出勤は危ないからやめたほうがいいんじゃないかととめたけど、明日、主治医の先生がお当番だから、明日検査してもらうことにするよ、と言って今朝は、いつもどおり出勤した。

 

脈が30台ってさ、結構辛いんだよ。気持ち悪くなって汗が出てくる。一番怖いのは、ブラックアウトで、真後ろに倒れること。クラクラ、とするならまだいい。しゃがむ時間があるから。

 

明日まで長いな。

 

 

 

【授業参観】

出席の1/3のうち、なぜか授業参観がたまたま当たることがあって割と行ってる。


今日は理科と国語。年に1回の土曜日参観。

お世話になってる子どものお母さんたちが、声をかけてくれて、少し話す。行ってない時も、行ってるときもあんまり変わらないお母さんたち。ありがたい。

友達は、学校に行ってなくても、普段もよく遊んでくれる。この前は、来週の校外学習のおやつを一緒に買いに行った。

 

f:id:h-katori:20181117113716j:image

 

今日の授業参観の国語は落語を暗記して発表だったが、息子は台本を持って読んでいた。

 

こういう時、以前の息子なら、暗記してないから行かない!の一点張りだったが、最近は、できないくても、やれる範囲でやる、が、前提で話ができるようになった。

 

先週は、暗記しなくちゃいけないんだって、チーンって落ち込んでたのに、先生から、けいくんは台本持ってもいいよ、って言われて、ホッとしたみたいだった。

 

そういう風に、自分が完璧でないことを認められたら、他の人にも優しくなれる。そういうこともあるよねって。そりゃあ親としては、やるなら、もう少しとか、思わないわけではないが、私も旦那さんも帰り道、けいはよくみんなの前で話ができたね、言って帰ってきた。

 

午後からのフェスティバルで遊べるように、行ったようなもんなんだろうけれど。フェスティバルは学校のPTAの行事の一つでお母さんたちが出店をして、ゲームやお買い物ができる。

 

午後からは友達とそのフェスティバルの約束をしたそうで、それもその子のお母さんから聞いた。

 

帰ってくると、ときわがけいに駆け寄り、ニャーニャー鳴いてる。スリスリして。

 

ときちゃん、ここのところ、お留守番があるねー。お天気いいから、日向ぼっこしてまっててね。

 

f:id:h-katori:20181117122114j:image

 

 

【リネンのブラウス】

夏前に購入してあったキットでリネンのブラウスを作りました。

envelope.co.jp

リネンなどの生地を販売している、Linen BirdのキットをEnvelopeで購入しました。
確か、夏前に販売が開始されて色がきれいだなーと思ったのと刺繍がすでにプリントされていて、そんなに面倒じゃなさそうだったから。

しかし、遅々として進まない刺繍。。。

 

f:id:h-katori:20181116120512j:image

 

あれこれ手を出しててパワーが分散していて、10月ぐらいからだいぶ自分の時間をとるようにしたら、少しずつ進むようにになって、刺繍が終わったら、一気に縫い上げて。

 

刺繍に3か月ぐらい、生地は洗いをかけてアイロンして、裁断して縫製までに1日か2日。ミシン糸もセットになってるのがありがたい。

f:id:h-katori:20181116120618j:image


f:id:h-katori:20181116120610j:image

 

生地も大きめのセットなのであまり生地でこれから小物を作る予定。リネンは刺繍しやすいので、また刺繍してみよう♪

樋口由美子さんの本が何冊か家にあったのでwool刺繍に使用かなー。

今年は半端なものをいろいろ終わらせていこうと思っているので、出来上がったものを少しずつアップしていきます。

 

【おんぶして】

行ったり、休んだりを繰り返して、息子は日々ストレスというか、葛藤してるようにみえる。

 

昨日は珍しく、パパにおんぶして!とおんぶをせがんだらしい。パパは、最近、息子がそんな風にいうことが随分と減っていたから、少し嬉しそうだった。

 

f:id:h-katori:20181116123249j:image

 

 

パパはいいよー、と3回おんぶしたそうだ。夜も絵本よんでーと、言うので絵本を読んだ。

 

息子は赤ちゃんとお兄ちゃんを行ったり来たりしている。

 

小さい頃から息子は甘えんぼうだったけれど、グズグズするから面倒だから、とか、泣いて歩かないから、とか、なんだか親が手を抜いて甘やかしてきたような気もする。最近、彼はそんなんじゃなくて、言葉に出して、甘える。

 

この前鳥羽さんのお話し会で「存在のゆりかご」という言葉を知った。子供は「存在のゆりかご」で揺られながら育つ。私の理解では「存在のゆりかご」というのは親と子のやりとり。もちろん言葉もそうだし、スキンシップもそうだと思う。このやりとりをしながら、自分という存在を認識していく。

 

息子はまさに少し遅めだけど甘えるという行為をして、自分の存在を確認しているのかなあと思う。

 

昨日は、息子は学校に行っていなくて、コミュニケーションが希薄だ。だから、自分の存在を確かめるために、親に甘えているようにもみえる。

 

鳥羽さんのお話の中では、この「存在のゆりかご」が、とても希薄な親子の話が出てきた。というか、成り立たない親子だ。とても怖いお話で、背筋が凍るような話なのだが、そのお話を知ってしまったのちに、私ができることは、息子の存在のゆりかごになれているのか、と自問自答することしかできない。

 

今朝、息子が学校に行くんだけど、学校まで一緒にきて、というので息子を学校まで送っていった。途中、息子よりもずっと小さな学年の子が、下を向きながら半歩ぐらいずつの歩幅で歩いてた。その少し前をお母さんがスエットのポッケに手をいれて歩いてた。お母さんは時々振り返ってその子をみてる。思わず顔を見てしまったが、とても若くて綺麗にメイクをしていた。

 

はっとして、目をそらしてしまったことを息子は気づいたかも、しれない。

 

息子と雑談をしながら、その場を追い越すと、息子が、あの子、、、、、息子の声が小さ過ぎて、なんと言ったか聞き取れなかった。1年生って聞こえた気がした。

 

クラスまで一緒に行くと、お友達が周りにのよってきて、カラカラと笑う。息子はなんだか言い訳してたのか、息子もカラカラと笑う。

 

私はそのまま学校を出て、校門の前に出ると、さっきの親子がまだ門の外にいた。さっきまで首が折れそうなほど下を向いていた子が、校帽の下から私の方をちらっと向いた。

 

私は、さっき挨拶し忘れたなあと思って、おはよう、っとだけ声をかけて、返事はなかったけど、ま、いっか、と、通り過ぎて自転車に乗った。

 

今日もお天気良さそうだけど、お布団は干せないなあ。で、あ、しまった、会社へ連絡し忘れてた!と思い出して、会社へ電話して謝った。

 

ときわは今日は、お留守番だな。

 

*途中に出てくる子は、少し現実と変えています。