未来志向でいこう。

今日もまた新しい一日。私と家族の超プライベートな日々の出来事。

【偏愛】

本を読むとき、わからない言葉や意味をきちんと調べることがあるだろうか。速読が流行りのこの時代になかなか面倒な本を読んでいる。

 

友人たち数人で読んでいる一冊。

幕末のイギリス人大使オールコックの『大君の都』。

全くもって読みにくい文章な上に私などは歴史オンチなもので当時のことがわからないし、あれこれ浮気しながらなので、全く進まない。

上巻、中巻、下巻と3巻セットなのですが、まだ、上巻も読み終わっていない。

 

すこしずつすこしずつ読み進める間に、わちゃわちゃと友人たちとここはこういう意味かな?これはなんのこと言ってるだろうね?と話しをしながら、進めて行く。

 

ここのところ、この古典を読むのがしんどくて、学ぶってなんだろうなと思っていたところで、この千葉雅也さんの本に出会う。

 

f:id:h-katori:20190322084710j:image

 

この本は勉強の仕方が書いてあるんだけれど、副題を見ると『バカのために』って書いてある。私はこれを『偏愛』と読み替えた。

 

私の周りの人たちは、みんないつも実験の連続で、いつも何かを学んでる人が多い。そうなんだよ、みんな偏愛なんだと思う。

 

好きなことに貪欲だ。

 

もちろん誰かのための、なにかのための学びもあるんだろうけれど、大抵偏愛すぎてそれが、他の人の役に立つこともある、ぐらいの感じに見える。

 

いいな。

偏愛のための学び。

 

息子はゲームへの偏愛。

ゲームで試合に出たいそう。

娘はアイドルへの偏愛。

韓国語がうっすら読める程度にファン。

パパは映画への偏愛。

オーディオ、テレビ、どんだけ揃えたら気がすむのか。

 

私は何への偏愛なのかな。

まだ偏愛ってところまで極められてないような。

 

もう少し学んでみないとわかんないこともあるんだろうな。

 

少しずつ学びを積み重ねたその先に何があるかわからないけれど、私は偏愛のために学ぼう。

 

 

【悩んでも不安でもいい】

悩んでないで動け。

 

みたいな記事をよく見かけるけど、我が家は基本的にはみんな家が好きで、活動的という感じじゃない。

 

頭で考えることが好き。

 

そういう人がいてもいい。

 

私は、じーっと編み物することも、家族のご飯作ることも、本を読むことも好き。

 

もちろん旅行も好きだし、走るのも好きだけど、どんなに動いてたとしても、それでも、不安も悩みも、その根本を解決しないといつまでもつきまとうことには変わりない。

 

そもそも答えがないというか、解決しないこともあり悩んじゃダメなんてことないし、不安になったっていいと思う。

 

私は、イエスかノーみたいな西洋的なパチっと答えが出るものはあんまり好きじゃない。

 

だって答えが出ないことの方が多いもの。

 

世の中グレーが多いんだもん。

 

いいんだと思う、それで。

 

言い訳してもいいし、愚痴ってもいい。

 

ただ、目の前のこの大切な人を大切に、目の前のくだらないこのバカなことに一生懸命に、この目の前の時間を丁寧に、

すごすことを大事にしたい。

 

今日は、朝から頭が痛くて、でも、娘のお弁当をつくり、読書会に参加して、ぼた餅作って、日の当たる窓際で編み物したくて編み物して、午後から眠くなったから昼寝した。

 

f:id:h-katori:20190321204655j:image

 

そして、夜は美味しいウドをかき揚げにして美味しいなあと食べる。

 

f:id:h-katori:20190321204701j:image

 

こんな日も私にとってはとても愛しい日だ。

 

悩んでもいい、不安でもいい。

 

そういう気持ちを味わうことができるなんて幸せなんだ。

 

 

【こんな人生じゃないって思っても思いのほかだめじゃない】

息子が学校に行かないこととか、娘が思いのほか剣道が強くなったこととか、旦那さんが外人で心臓の病気で倒れるとかってこととか、私にとってはかつては思ってもみないことがどんどん起きて、ときどき無性に疲れる。

 

で、わかったことは、ちゃんと何かをやったってうまくいくことばかりじゃないし、かといって、さぼりまくってたからってうまくいかないことばかりじゃない。

 

ちゃんとやったって、うまくいかないことだって、さぼりまくってもうまくいくこともある。

 

これはねー、別に誰が悪くて、何がだめだったかってことじゃない。

 

一生懸命やることが時には必要で、娘とかみてると、部活が毎日大変すぎるんだけども、それでもやっぱり試合で勝ったり、段審査に合格したりすると、嬉しそうだし、努力っていいこともあるんだよなと思う。三年生の市内の強化選手の先輩に負けなかったとか、県の強化合宿にいけて楽しかったとか、棚ぼたっぽいけどいいことがある。

 

息子は息子で学校に行かないでも、漢字は読めるし、ゲームは強くなるし、無理にスポーツして貧血で倒れることもない。さぼりまくっても、あんなに自分に自信満々でそれも悪くないのかなと思ってみたり。

 

旦那さんは病気もあるし、外国人だし。毎日定時にきっかり帰ってくるので、私はとっても助かる。休みの日は仲良くデートしたりとか、一緒に走ることができたりとか。まさか、心臓の病気で倒れるなんて結婚した当時はつゆも思わなかったけれど。

 

そういうことは、全然思ってもみないことがおきてもダメじゃないっていうか、
そっちのほうがよかったのかもねとか思ってみたり。

 

基本的には、がははっって笑ってることが多いけれども、思いのほか自分の人生は思い通りではない。


でも、ダメじゃない。

 

だから、もし、ああーこんな人生のはずじゃないって思っても、でも、そのうちまぁこんな人生のはずじゃない人生に慣れてくるんじゃないかな。

 

ちゃんと働いて、ちゃんと休んでみたいに考えなくても、まあまあな人生なんだわ。きっとね。

 

ね、ときちゃん。

まさかねー、にゃんこ飼うなんて思ってもみなかったわ。

f:id:h-katori:20190318181819j:image

【レース二 デマス】

体を動かすのはやっぱり気持ちいい。

 

週末旦那さんと歩いたり走ったりした。

 

この前5月のハーフマラソンのエントリーをしたんだけど、その話を旦那さんにしたら、

 

ワタシモ デマスヨ

レース二デマス

 

というので、二人でエントリーしてある。

 

心臓の手術をした時に、一応先生に確認したら、走ることが症状の原因になることは考えにくいと言われていたので、暖かくなったら、走ろうと話していました。

 

土曜日は9kmぐらいかな。

 

f:id:h-katori:20190318124140j:image

 

日曜日は7kmぐらい。

 

f:id:h-katori:20190318124238j:image

 

今月の終わりぐらいには通して15kmぐらい走れるくらいに戻したい。

 

旦那さんの病気がわかった時、走ることを止める人もいた。心から心配してくれたんだと思う。

 

でも、旦那さんは私よりも体を動かすことが好き。その旦那さんに走ることをやめたら、旦那さんではなくなってしまうよね。

 

私も旦那さんも寒いのが苦手だから、真冬のレースを避けて、秋から春にはフルマラソンにまた出たいなあ。

 

 

【少しでもわかりたい:イスラーム映画祭4『二番目の妻』を観ました】

毎年みたいみたいと思っていた渋谷の映画館ユーロスペースでやっているイスラム映画祭にようやく今年行ってきました。

 

イスラムは昨日もニュージーランドのニュースも聞いたばかりで、どうかなーと思ったけど、何の問題もなく開催されてた。

f:id:h-katori:20190317215924j:image

 

私は旦那さんがイスラムなので、その考え方を知りたいなあと思うことがあり、学ぶ機会があれば行ってみたいと思っていて、まだマスジドには行けてないけど、本は結構読んだ。

 

まあ、知り得る情報なんてなかなかなくて、それでも少しずつ勉強中。

 

今回見た映画は、「二番目の妻」という映画。

f:id:h-katori:20190317221343j:image

 

オーストリアに移民したクルド人家族のおはなし。イスラム教では4人まで奥様を作ることができるが現代、現実的には難しいことが多いし、二人、三人と奥さんをもらうよりも、離婚して再婚の方が多い。

 

この話の中では、ある二人目の奥さんをもらった家族に起きたいろんな問題を描いたもの。どんでん返しがあって、何度か、うわー、うわーって声を上げそうになった。

 

中身を見終わった最初の感想は、イスラム教国では作れない映画であり、イスラム教国では放映できない映画なんだろうな、と思ったし、旦那さんにいうと旦那さんも、あれは

 

ウツセナイヨ

 

と言っていた。

 

伝え方が難しいが、Ḥalāl食品がイスラム教国ではḤalāl食品とそうでない区別が必要ないのに対して、イスラム教国でない国では、Ḥalāl食品かどうかの区別が必要。そういうことに近い気がする。

 

これをみて、イスラムと思うとすると、実際のイスラムの一部だけれど、全部ではないし、なかなかここまでイスラム社会の中では表現できないだろうなという感じ。

 

難しいね。

娘が二十歳ぐらいになったら、見せてもいいかもしれないと少し思った。

 

オーストリア公用語はドイツ語で、会話はトルコ語とドイツ語の二つの言葉で描かれる。字幕は英語と日本語。

 

多言語が操れることが日本人はエリートって感じることも多いかもしれないけど、ここに出てくる人たちは普通の人たち。生きてくためには、身につけないと社会の中では生きていけない環境が世界にたくさんあるだろうな。

 

イスラムの話をすることがなんというかタブーというか、日本人には触れちゃいけないことってうつるのか、不思議な感じがしている。

 


仏教とか、お寺とか神社とか、そういう話はめっちゃするのにね。

 


この文化、社会を理解することは世界人口がクリスチャンを抜いた時点で絶対に必要だよなあって思い続けています。


この宗教を理解してみたいといつも思っています。

 

またあと何日かやっているので、あと何本かみたいです。

 

イスラーム映画祭 | Top

 

 

【受験期突入】

昨晩の話。

 

娘が、みんな親が嫌いっていうんだよねー。

 

え?さきはママのこと、パパのこと嫌いじゃないの?

 

え?嫌いじゃないよーーー。なんで?

 

え?普通さ、年ごろ、というか思春期の子は反抗期で親が嫌いなもんよ。

 

あーー、でもね、嫌いじゃない。

 

そうなんだ。ママは放任だからね。もっとちゃんとかかわっているお母さんが多いんじゃないかな。だから、うっとうしいって思うのかもね。

 

昨日の夜、娘が友達とのラインでそんな話をしてたのをぽろっと私の前で言った。

 

そんな親子の関係になってたのか、娘は人よりも一足先に少し大人になってしまったのかもしれないなと思った。

 

娘は、中学に上がったばかりのころ、いろいろあって、もう行きたくないと言っている時期があった。友達から悪口を言われることもあり、部活では先生からメッタメッタに叱られることもあり、理不尽な言いがかりをつけられることもあった。でも、その一方でいい先生に出会うこともあり、とても仲のいい友人ができた。

社会の縮図のような中学生生活は、娘に勉強以外のいろんな学びを与えただろうと思う。いろんな人がいて我慢や喜びを知ったと思う。

 

今どきの子は、チャレンジしない、保守的という人もいるかもしれないけれど、娘は、どこにでも行きたがるし、勝手にピャーッっと飛んで行ってしまいそうだなあと思う。


今年はいよいよ3年生。受験という波を経験する。これも娘なりに考えているようだ。


仲の良い4人組のうち一人の子が、受験が終わるまで外出禁止令がでてしまったらしく、今日の午後一緒に遊んでからは、もう一緒に遊べなくなるらしい。寂しそうだけど、娘も友達のそういう話をきいて多少はやる気になった様子。

 

仲のよい別の友人から一緒に塾にいかないか?と誘われたけれど、娘はそれを断り、オンラインの授業を試しに受けてみることにした。今はいろんな方法があるから、自分のやり方を探してみたらいいと思う。

 

少しすごいなと思うのは、この歳で、友達に誘われて断ることができる関係性ができてる友達がいるんだなあ。本当に仲がいいんだ。

 

そうそう話がそれた。受験は親としては不安でもあり、わくわくでもある。結果というよりも、そこまで一緒に体験できることが楽しみ。

 

娘はこの年齢での受験でよかったと思う。この年齢だからこそ、受験の波に揉まれることがあってもいいのかなって。揺れる時期にちゃんと揺れることを体験する。

 

すでに半分ぐらいは、親と自分を切り離せているようにみえる娘。様子をみながら時にはお尻をたたき、慰め、応援しながら、この1年を過ごそうと思う。

 

ね、ときちゃん、今年はお姉ちゃんをたくさん励まして癒してあげてね。

 

f:id:h-katori:20190314185938j:image

【編んだり、歩いたり】

休みの日の過ごし方。

 

基本的にはあれこれやりたいので、つい何かしら動いてしまうんだけど、ここのところの定番は、編み物と読書。

今は、ラグランスリーブのサクラ色のニット。ザクザク編んでどんどん進む。

f:id:h-katori:20190313080342j:image

 

大抵土曜は朝一番で編み物。

その後部屋の片付け。

で、その後買い物や用事。

で、夕方になってしまう。

 

日曜は大抵朝一番で古典を読む会。

その後、用事がなければ続けて本を読んで質問をできれば午前中に。

午後からは近所のじゅんちゃんを誘ってご飯を食べたり、編み物の続きをやったり。

 

以前はたくさんたくさん行事を入れすぎてて、すごいテンションだったけど、最近は、このぐらいのテンションがちょうどいい。

 

たくさんのことをやりすぎていたのだろうなー。

 

ここのところ、暖かくなってきたし、少し体を動かしてリラックスを取り戻している。

 

今年はレースを入れてるし、山や自然の中に行きたい。キャンプも。またツリーハウスもいいな。トレッキング用のシューズも買って、まずは形から。

 

f:id:h-katori:20190313080613j:image

 

本当にやりたいことだけをやる時間を積み重ねよう。

ね、ときちゃん。もう春ですよー。

f:id:h-katori:20190313080647j:image