未来志向でいこう。

今日もまた新しい一日。私と家族の超プライベートな日々の出来事。

【これからの自分が成したいことのために】

 

不登校記事が読まれているようです。今月もアクセスが100を超えています。

更新をしていませんせんが、アクセスいただきありがとうございます。

今月、学校が始まって、息子は休まず学校に行っています。この話はまた続きをかきます。

今日は別のおはなし。

久しぶりに自己啓発動画を観ています。

https://www.udemy.com/course/atelier_of_vision/

ビジョンを形にするための講座。

「オンラインで学べる「直感と論理をつなぐ思考法」!妄想からインパクトを生みだす【ビジョンのアトリエ講座】」

第1部:余白の必要性
11個のレクチャー • 51分

第2部:妄想する力
17個のレクチャー • 1時間8分

第3部:知覚する力
18個のレクチャー • 1時間23分

第4部:組替力
19個のレクチャー • 1時間17分

第5部:表現する力
11個のレクチャー • 41分

第6部:ビジョン思考を実践する自信を育む


仕事で事業計画に参画し始めていることもあり、自分が仕事の中でやりたいこと、自分が人生でやりたいこと、を、もっと表現しながら誰かの何かの役に立ちたいな、と思い始めています。

私はこれまで仕事の中では、いつもどん尻を行っている自覚があり、いつも誰かの後を追っていました。今でもその感覚は抜け切れていません。

 

でも、今の会社でも、これからの人生でも、これからはもっと自分のやりたいことを、実現していく方向に舵を切りたいなと思うことが多くなりました。

例えば、仕事以外でも古典を読んだり、編み物を学んだりしています。これらは私の人生では外すことはありません。きっといつまでも私の人生の一部です。
人生も後半にはいり、こうやってやりたいことのバランスを取りながら、一体どんなことを表現して、どんなことを成していくのか、考えています。

以前に佐宗さんの著書を読んでみて、この考え方が身についたら、少しは現実的な実行力があがるのかな、と思えていたところで、この講座があることを知りました。

 

ただSNSに投稿するだけでいいのかな、自己満足でいいのかな、貢献していくとか何かを実現していく、ということはどうすればいいのかな、ということが、この講座をとるきっかけでした。

 

それは商売をしたいとかそういうことではありません。なんというか、一体自分が何を表現したいのか、ということをもう少し突き詰めたい、という想いがあるからです。

 

編み物をして、デザイナーになりたいか、と言うとそうでは無い。売り物で売りたいか、というとそういうことでもない。モヤモヤしたものは、一体なんなのか、これで実現したいことはなんなのか、をもう少し、明確にしたいと思うのです。


f:id:h-katori:20200824195208j:image

これ、2日前に編み上げたショール。で、なんか楽しい!とか、達成感とか味わって。身につけて、それだけでいいのかを、明確にしたい。

 

もし、同じように、モヤモヤする人がいたら、どうでしょう、一緒にやってみませんか?

 

お仲間募集中です!


f:id:h-katori:20200824191146j:image

通常登校と面談。

 6月から通常登校。と担任の先生と面談。

新学期といっても、もう夏休み。

 

息子の面談に行ってきた。今年の担任の先生は早口で回転が速い。先生体としていないなと思っていた。子供からは細かいって聞いていたけど、確かに神経質っぽい。

 

息子は、休校期間を過ぎて本格的に6月に学校が始まってから、ほぼ休みなく学校に通っていた。それが7月にはいりぽつぽつと休み始めていた。
私も主人も全然気が付かなかったが休みたいという日は、決まって火曜日だったらしく、 先生が火曜日に何かあるんじゃないかなと。

私は、以前から図工、書道、 音楽のような教科は好きじゃないことを伝えてあった。案の定、火曜日には、書道があった。先生が書道じゃないかなぁと。

 

そして、これが今までと違う反応だったのが、
「そういうお子さんは一定数います。それともしここだけ休んで、ほかが来れるなら、休んだほうがむしろいいと思います。」

これまで、何が原因かわからない先生が多い中で、ここまではっきり断定してくれる先生は初めて。おお、なるほど。

 

「それとお母さん、全然関係ないんですが、けいくん、 かっこいいですよね?親でも客観的にみられると思うんで言うんですが」

「ああ、ありがとうございます。そうでしょうかね?私は親ばかなんで、息子も娘もかわいいし、
かっこいいと思っちゃうんで。」

 

この先生は、ちょっとっていうか、面白い。

とても頭の回転早く人を見る目があって、 割とはっきりとした物言いに先生っぽくないなと思って、(これまでの先生はとても歯切れ悪く、 特定することに躊躇することが多かった)

「先生は進学校の出身ですか?」

というと、

「え??私、お笑い芸人目指してて、 あきらめて学校の先生になったんですよ」

おお。そうなんですねーー。
なるほどねーー。笑いをとるってすごく頭使うし、 気も遣うから。息子のこれまでのことを話しして、 先生もうんうんと聞いてくださって、ありがたい。

これまで出会った先生の中で、 一位二位を争うとても良い感じの先生。ほかにも先生と私だけの秘密の約束をした。息子はいい先生に出会ったなと思った。

小学校最後の1年、できない活動もあるだろうけれど、 楽しめるといいね。


f:id:h-katori:20200725145559j:image

【テレワークその後】

 

緊急事態宣言が解除されたあと、少しずつ新しい日常?という感じで生活。

 

私も主人も、都内勤務ですが、主人は早朝出勤に変えて、私は時間は変更せず。週5日に勤務。通勤電車は以前のような混雑になることはなく。人と人の距離が保てる程度のすき具合。大企業がテレワークしてくれているおかげ。

 

私が勤める会社では月8日までのテレワーク実施が許可されており、やり方は事業部方針。事業部で話し合った結果、チームメンバーは6月いっぱいは諸々の調整等もあり、月の半ばまでシフト出勤していたが、7月から再ルールを決めてシフト勤務継続。

 

私自身は、解除されてから秋以降の仕事の商談が入ってきたりして、バタバタっと出張やらうちあわせやら、オンラインMTGやら。あんまり在宅できる日がないかなー。

 

新しいことにチャレンジするには、ストレスがかかるのか。6月の半ばぐらいになると、揺り戻しでなんとなく落ち着かない日々が続いていた。

映画を観たり、お菓子をつくったり、それに慣れてきたところで、通勤生活に戻り、人と集合しての生活に疲れがでてくるころに、梅雨入り。

 

覿面に体調にでたのが、息子。
6月から本格的に学校が始まって1週間目。吐き気をもよおす日が何日か続いて、1日は学校を休んだ。たまたま私の出張の日と重なって、旦那さんにお休みしてもらう。病院で診てもらったら胃腸炎っぽいと。強めの吐き気止めをもらい、お薬をのむ。

3年半不登校→去年の秋からの学校復帰→3か月の休校→分散登校→通常登校。

体ついていってない感じ。

あと、学校に行くようになって、学校のテストの成績がぼちぼちと、それなりによくなってきて、本人が嬉しそう。聞かなくても、テストを出して、家庭教師の先生とも話をしながら、復習ができている。

 


f:id:h-katori:20200629130803j:image

 

娘みたいに学校の様子をペラペラとしゃべる子はそれほど心配していないけれど、それでも異常なくらいよく寝ていた。ときどき、友達と公園で遊ぶとか、あったかな。
解除されてからは、慣れないローファーで電車通学。靴擦れでがに股歩きで大変だったけど、それもだいぶ良くなった。分散登校からの時差登校。通常授業。簿記の勉強が楽しいみたいで、先生にも褒められて、1月には検定試験を受けるとか。どうしたんだろう、やる気になった様子。


f:id:h-katori:20200629124618j:image

 

夏至を過ぎるまでの間、モヤモヤというか、イライラというか、落ちつかない日が多くて、しんどかった。ストレスで出かけてもなんとなくスカッとする感じがない。

 

夏至を過ぎたら少しずつ体も動くようになってきた。

通勤があると食事のバランスが難しいんだけれど、娘のお弁当と一緒に私もお弁当生活になり、だいぶいい食事ができるようになった。


f:id:h-katori:20200629123929j:image

 

新しい生活様式のマスクって、一体いつまで続くのか、このマスクさえなければ、新しい様式はそこそこいいなと思うんだけど。オンラインMTGは移動がないのでありがたい。シフトとなると調整ごとがおおくなるので、必然的に優しくなるというか、譲り合うというか。

そうやって少しずつでも新しい様式に慣れるようになるといいかな。

 

お家に誰かがいる生活が3ヶ月も続くと、甘え癖がついたのか、いつもにゃーおにゃーおと甘える、ときわくん。

まだしばらくの間はお休みの日もおうち生活が続くかな。

f:id:h-katori:20200629124639j:image

【テレワークとこれからのこと】

緊急事態宣言が解除されるかも、、、という状況の中で、テレワークを少し振り返っておこうという気持ちになっている。

仕事としてのテレワーク、そのものは、現実的には、週3日ぐらいが適当かもなぁというのが、今のところの感想。満員電車に乗らなくてもいい、そもそも通勤時間往復3時間使わなくていい、これは大きいなあ。

しかし、コミュニケーションはやはり、文字や電話よりも、やっぱり顔を見合わせて話をすることが、一番伝わるのだろうな、と本当に実感する。

この1か月近く、毎日通話機能をつかってやりとりしたチームメンバーとも、やっぱり顔を見合わせて話ができることはとても嬉しいものだし、声掛けできるのも楽しいものだなあと改めて思う。

近所の友達や遠くの友達にも会いたいなぁと思う。くだらなく他愛無い話がしたいと思う。

 

その一方で、家族ともコミュニケーションも増えたことはやっぱりうれしいことで、
どうしたらこのバランスを保っていけるのか、考えるときなのかなぁ。となりのチームのリーダーも同じようなことを言っていて、緊急事態宣言が解除されたとしても、新たな働き方を考えて、実行したいなと思う。

 

人間らしい生活のリズムも大切だなと思ったことの一つ。

お天気がいい日は、お庭に椅子を出して本を見ながらのんびりしたり、

f:id:h-katori:20200520112347j:plain

編み物したり。

f:id:h-katori:20200520112930j:plain

相変わらずおやつを作ったり。

f:id:h-katori:20200520113811j:plain

これはレモンマフィン!すっごくおいしかった♪

公園まで歩きに行ったり。

f:id:h-katori:20200520113914j:plain

 

これはこれで習慣としてやっていくことができたら嬉しい。

 

これからのことだけど、学ぶことの楽しさを仲間と少しずつでも継続してやっていきたいなと思っている。これは、こんな事態になっても心がわりと安定していたことの一つにルーチンとしての読書会を継続できたこと、編み物があったことは大きかった。

 

定期的なことを継続できることは本当にありがたいことだと実感した。

これは前から思っていたことだけれど、一次資料と言われる古典を読んだり、
中学数学をやり直したり。

f:id:h-katori:20200520113953j:plain

 

f:id:h-katori:20200520114023j:plain

木陰で数学の問題解くなんて最高♪

どれも、学ぶことにつながっている。
誰かからの請け売りの情報をつかむということではなく、本質を身につける、という訓練を楽しくやっていきたい。

情報はすぐに陳腐化する、だけれど、その情報のつかみ方やとらえ方は、学んで身につけたら、次の学びに生かせる。

そういうことが楽しい♪
学び方を学ぶというか。

そういう仲間が数人いてくれるだけで楽しい♪

ちょっとした楽しみが生活の中にあるなぁって思えることで、ささやかな幸せになる。

 

子供たちも詰めこむのではなくて、すこしゆったりと一つの問題に向き合うという時間が持てるような教育になっていくといいなぁと思うなぁ。

 

これからのことって、未知なようで、案外気が付いてないことに気が付くことでもあるのかもしれないねぇ。

【テレワークに入り約1か月】



緊急事態宣言が発令されてから、週に1回から2回の出勤以外は基本は在宅勤務をしています。

在宅勤務って私のような時間管理されない人にとってはこれまでと大して変わりない体制です。でも、いわゆる一般職の人にとっては、なかなか厳しい環境になっています。

電話が使えない、対面で確認できない、紙で確認ができない、というのは思いのほか、
ストレスがかかっているのと、精神的も身体的にも少し疲れが出てきています。というわけでぼちぼちとチームメンバーも週1ぐらいシフト勤務を復活しています。

電車はこれまでとほとんど変わりなく、テレワークが始まる前パンパンだった満員電車は、席に座れるぐらいの緩さに変わり、町のお店は食品店、日用品店以外はテイクアウトの飲食店以外のほとんどが、まだいまのところ閉まっています。

我が家も相変わらず、全員在宅。
旦那さんは引き続き在宅待機状態。

買い物は旦那さんが近所のスーパーに週に1回お買い物に行ってくれています。

あとは週1回、イオンの移動販売車がすぐ近くまで来てくれるので足りないものはそこで買ったり、近所のコンビニで買ったり。


娘と息子はそれぞれ今週から週1日、登校日があります。

息子は早速月曜日登校してきました。
月曜は学年は2学年だけ。6人ずつ時間を区切って登校。
健康調査票などの親が各書類を一通り提出。
4月から宿題はやったものだけ、教科ごとに丸つけしてホチキス止めして提出。
在校時間は20分と制限されて、行ったと思ったら帰ってきました(笑)

娘は今週金曜日に初登校。
入学式もしていなくて、学校費の書類は郵送で送る指示があったので、
とりあえず送って。課題はレポートがかなり大量にでていて、受験生並みに
毎日机に向かっている。。
金曜、初めて制服きるんだよなぁ。写真撮ろうっと。

そんな我が家ですが、毎日お庭の観察とおやつ作り、映画鑑賞、編み物、読書は定期的に続けています。一番読書の時間が短いかな('◇')ゞ

朝からのルーチンは、
起きたら、白湯を飲んで、ウォーキングかRUNで、その後ヨガか筋トレ。
最近はウォーキング+筋トレのセットが多いかなー。
その後、シャワーを浴びて、朝食。
ここでおやつを仕込む日もあり。(ゼリーとか)

できたら始業までに読書を1時間ほどしたいけどこれがなかなかできてない。。。
始業が9時から。
お昼は家族で。焼き物のおやつはここで仕込むことが多い。
午後から仕事。
15時から16時の間におやつタイム。
18時まで。
で、その後は、映画を観ながら編み物。

最近は映画を観ないで子供の宿題に付き合っている。
もう少しうまく時間が使えるかなーと思ったらそうでもないな。
それに、やっていることはコロナ前も後ろも代わってないじゃん!

あ、食事はだいぶ良くなったかなー。運動も多少はね。

 もう少しで緊急事態が緩みそうってときに、歴史を教わっている師匠がコロナに関する記事を公開していましたので、リンクを貼っておこう。

スペイン風邪の話を友人がしていて、おお!って思っていたらさすがだ、そこからの検証をしたらしい。ぜひとも読んでほしい。スペイン風邪パンデミックは人災だったとバッサリ。今回もそうならないことを祈るばかり。

corp.netprotections.com

さすが学者。。。調べるってこういうことを言うんだな。。

 

さて、これを機会に会社がどこまでテレワークを導入するかは未知。

でも、どうしたってそっちの流れにはいってしまうだろうな。。。

流行りにのりきれない性格なので、私は私でそれなりにマイペースに生活を整えていくことにします。 

 

これは作ったおやつ。その1
f:id:h-katori:20200513141057j:image

 

これは作ったおやつその2
f:id:h-katori:20200513141107j:image

編み物しながら観た映画その1

これもどれもよかったけど、、、

羊と鋼の森

今夜ロマンス劇場で

坂道のアポロン

の順かな。。。
f:id:h-katori:20200513141124j:image

 

編み物しながら観た映画その2

これはねぇ、、

歩いても、歩いても

EveryDay

の順かな。。。

いやぁ、日本映画侮れませんよ。
f:id:h-katori:20200513141143j:image

 

 

【始業式後、初登校日】

小6になった息子は、今日、始業式後の初の登校日だった。
たくさんのプリントの山が宿題になっていたけれど、全然終わらずに、登校日が来るのが憂鬱で憂鬱でならなかった息子。

ねぇ、あのさ、学校には行きたいんだよ。
でもさ、宿題終わってないしさ、先生になんていうかな。。。

え?先生だってさ、休校で何にもしていないんだから、先生はなにしてたの?って聞いてみたら?

って言ったら、

ええーーー。そんなの言えないし。。

そうかーー?もし先生さ、子供たちに本当にやってほしいプリントだったら、毎日でも電話してきたっていいじゃん。たった30人もいないクラスなんだからさ。


今回のコロナ禍で、テレワークをしてても思ったのは、
どうしましょーー?
という質問が多いこと。

普段、自分で判断して対応できることでも、なぜか、どうしましょーー?
って聞いてくるメンバーが増える。

これって、判断力が鈍る、というか、1人で行動することに不安で誰かにいいよっていってほしいからなんだと思う。

でも、こういうとき、どうしたらいいかわからなくたって、
今できることを精一杯やってみよう、という人と、誰かのせいにして、何もしない人に、くっきりと分かれてしまう。というか、露呈してしまう。

私の周りでは、待っていられないと言って、動き出した人を何人も知っている。
学校の先生だって、待っているだけじゃなくて、何かできることもあったんじゃないかなー。

私は、ある先生に、ユーチューブでも、なんでもいいじゃないですか?
やってみてほしいです。子供たちはどこかの知らない人の講義が聞けるんじゃなくて、
あなたの、知っている先生の講義が聞きたいんですよ、って話したことがありました。

でも、せんせいはあんまりいい返事をしてくださいませんでした。
とってもとっても残念。

私は、子供たちが家で毎日毎日じっとしていなくちゃいけなくて、そういう時に、あれをしなさい、これをしなさいっていうのは、なんとなく、違うよなあって思ってて。

オンラインゲームでもいいし、読書でもいい、映画でもいい。
好きなように過ごしたらいいと思う。

私はよく息子や娘とお菓子作りをしていたし、家族で何本も映画もアニメもゲームの実況中継も観た。
お菓子はリクエストを聞いて、私がつくることもあるし、一緒につくることもあるし。粉をこね回しているとなんとなく気持ちがほっとして落ち着くこともある。

この日はたまたま暑い日で、フルーツポンチ。ちょっとリッチにアイスの実を浮かべて、三ツ矢サイダーを注ぐ。

f:id:h-katori:20200511153908j:plain

三ツ矢サイダーを注いだフルーツポンチ

そんなことって思うようなことで時間を過ごしている。

クスっと笑えるような馬鹿な話ができるだけで、ずいぶんと気持ちが楽になるもんだ。

先生たちに授業をしてほしいっていうんじゃない、ちょっとクスっと笑えるような、
話をしてもらえるだけでも随分ちがうのにな。

【こんな時に子供たちが胃腸炎にかかった話】

 

23日木曜日、朝9時ごろ、息子がだるい、、、というので、熱を測ると37.1度。それからの経過を記録しておきます。

4/23(木)

午前9時テレワーク勤務

息子がおきてくるとだるいというので、熱を測ると37.1度。様子見。昼前に熱を測ると38.5度。
この時点から隔離。

ほかに症状はなし。船橋市感染症センターへ電話。辛いと思うので小児科にかかってください、とのこと。

午後4時 テレワークから早退して、小児科へ。

再度検温、38.0度。近所のS医院へ。症状からするとコロナではないと思うけれど、症状が出てくるとすれば、これからだね。のどが真っ赤に腫れるんだよね。これから症状がでてきて、37.5度以上の熱が続いた場合は、保健所へ連絡ね。軽めの解熱剤だけ出しておきます。アセトアミノフェン飲み処方してもらって帰宅。

 

帰宅して直ぐにアセトアミノフェンを飲む。

 

4/24(金)この日もテレワーク。

午前9時朝食おかゆ全部食べる。36.8度。
下がったねー。でも隔離状態。

お昼 お粥。

午後6時 37.2度
ご飯はしっかり食べる。
長男下痢。

午後7時
長女が頭痛を訴える。熱が38.4度。長女もこの時点から隔離。
食事は食べられる。アセトアミノフェンを飲む。

隔離して、食事、トイレは別(家にはトイレが二つある)
食事は各部屋へ。着替えは部屋でしてもらう。

4/25(土)

子供たちの洗濯は、一旦洋服用のハイターへつける。

午前9時 長男 36.8度 長女37.7度

午後6時 長男 38.0度下痢。
感染症センターへ電話。そのまま様子見。月曜に再度病院へ。

長女も下痢が始まる。

兄とビデオチャット。何か必要なものがあれば送るよと。泣ける。

4/26(日)
午前9時 長男37.0度 長女 37.2度

午前中、近所の友人が何か買い物あったら言ってねーというので、
娘の生理痛の薬とポカリスエットを頼んだ。
そしたら、頼んだもの以外にも差し入れしてくれた。。。泣ける。

日中長男の下痢が続く。下着を汚してしまうので、3回、取り換える。

午後6時 長男37.0度 長女37.7度解熱剤を飲む

実家から差し入れが届く。泣ける。

ご近所のごみ置き場のお当番が回ってきた。

4/27(月)テレワークしながら、子供たちの様子見。旦那さんは仕事はやすみ。

昨日のごみのお当番を回してくださったご近所さんが、お熱で大変だから、今週もうちでやりますよー、何か足りないものがあったら言ってくださいね、、と。。またしても泣ける。。。

午前9時 長女37.2度 下痢がつらいので病院へ。

診断の結果、感染性の胃腸炎のようです、とのこと。
流行っているからねーと。

ホッとして今ここ。

みんなさー、こういう時、めっちゃ優しいんだよ。
助かります。。。感謝しかありません。
世の中で、コロナの人をばい菌扱いするとかって聞くけどさ、本当は全然そんなことなくて、みんなのあったかい気持ちに感謝。

こういう時、配達してくれるひとたちに感謝。

ありがたいね。

うちは現段階ではコロナではないですが、コロナと思って動きました。
私も平熱よりは高めの熱がでていましたのが、お腹を壊していませんし、主人は、心臓病の持病がありますが、全くの平熱。下痢などの症状は全くありません。

あと少し、長女の下痢が治るまで様子を見ます。

午後からはいくつかテレワークで会議。です。

こんな時に胃腸炎になった話でした。